水槽は心のバロメーター

熱帯魚・水草育成の備忘録

プンティウス・ペンタゾナ・ジョホレンシスの育成記録

Desmopuntius Pentazona Johorensis プンティウス・ペンタゾナ・ジョホレンシス

Desmopuntius Pentazona Johorensis プンティウス・ペンタゾナ・ジョホレンシス 2021/12/19

プンティウス・ペンタゾナ・ジョホレンシスについて

2021/12/19、60cm水槽に5尾導入した。

基本情報

  • 学名:"Desmopuntius pentazona johorensis"
  • 英名:"Banded Barb", "Striped Barb", "Lined Barb"など。
  • 和名別名:「ストライプバルブ(バーブ)」「ジョボレンシス」「プンティウス・ヘキサゾナ」など。
  • 「ストライプバルブ」は見た目そのまんま。「ジョボレンシス」は”johorensis”の読み間違いと思われる。「ヘキサゾーナ」「ヘキサゾナ」の由来は以下の分類参照。
  • 分類:コイ(Cypriniformes)目、コイ(Cyprinidae)科、プンティウス(Puntius)属。

 プンティウス・ペンタゾナには(1)ペンタゾナ・ペンタゾナ、(2)ペンタゾナ・ロンボオケラートゥスと(3)ペンタゾナ・ジョホレンシスがいる。

 「ペンタ」は「5」を意味する。体側に5本の縦縞が入ることが由来と言われる。

 ペンタゾナ・ペンタゾナ・ペンタゾナとペンタゾナ・ジョホレンシスとは、背びれの付け根に黒斑がないことで区別される。

 ペンタゾナ・ロンボオケラートゥスとは縦縞の形で区別できる。ロンボオケラートゥスは縦縞というよりもストライプがほぼリング状になっている。

 なお、ロンボオケラートゥスは尾ひれの付け根も黒く染まることから、縦縞が6本あるように見える。このため「ヘキサゾナ(hexa)」と呼ばれることもある。さらにロンボオケラートゥスと混同してジョホレンシスも「プンティウス・ヘキサゾナ」の名で流通していることもある。

  • 最大体長は4cm〜5cm程度(12cmは誤記載)。
  • 適性水質は、温度24度~28度、pH5~7、硬度は軟水。

 原生地はインドネシアボルネオ島。プンティウス・ペンタゾナ・ロンボオケラートゥスと同じ生息地で発見される。生息地は腐敗物やフミン酸が豊富で、場所によってはph3程度の極端な酸性にもなる、かなり濃いブラックウォーターに生息しているらしい。

  • 寿命は3〜5年。
  • 餌:何でもよく食べる。

我が家のはいつも何かをつついている。

人工飼料もよく食べる。

草食性が強いとも言われるが、我が家のは今の所水草の食害はない。

  • 繁殖は容易(ばら撒き型)

オスはメスよりカラフルで赤みが強くなる。

  • 混泳は可能(おとなしい)。

特に問題なく他の魚(テトラ オーロなど)と混泳している。

テトラオーロとはときどき一緒に群れている。

  • その他の特徴:緑にきらめく鱗が綺麗。

これに惚れた。

赤地に黒バンド模様、というだけでもそれなりに目立つが、この魚の特徴はそれだけではない。

全身うっすらとダイアモンドをまぶしたように輝き、ところどころエメラルドグリーンの輝きが入る。

状態が上がると小型魚ながら水槽の中でかなり存在感がある。

ダイアモンドテトラのように、状態の良い個体を生で見ないと知れない特徴だと思う。

記録

2021/12/19、導入直後のジョホレンシス

2021/12/19、導入直後のジョホレンシス

2021/12/09、60cm水槽に導入。おそらくメス3尾、オス2尾。3cmほど。メス1尾はじっとしがち。

60cm水槽秋色レイアウト作成日記

最近の60cm水槽(2021/11/20:トリミング直後)

最近の60cm水槽(2021/11/20:トリミングと植え替え直後)

60cm水槽の秋色水草レイアウト作成記録(8月頃〜)と雑感兼備忘録。

最終更新:2021/11/30

  • 飼育生体と育成中の水草
    • 飼育中の生体:計31尾
    • 育成中の水草:計27種
  • 備忘録
  • 記録(途中から)と雑感
    • 2021/11/09
    • 2021/11/09の60cm水槽
    • 2021/11/10 定期換水
    • 2021/11/10夜の60cm水槽
    • 2021/11/16 アヌビアス・コンゲンシスを衝動買い
    • 2021/11/16の60cm水槽
    • 2021/11/17 エキノドルスの植え替え
    • 2021/11/17の60cm水槽
    • 2021/11/20 後景有茎草のトリミング
    • 2021/11/30 定期換水
    • 2021/12/14 定期換水
    • 2021/12/19 フィルターの掃除・ろ材交換と水質検査

 

続きを読む

クリプトコリネ・ウェンティ・グリーンゲッコー育成記録

f:id:Pyonkichi:20211118232101j:image

2021/11/18

  • クリプトコリネ・ウェンティ・グリーンゲッコーは中性かつ硬めの水の方が合うのかもしれない。

上記は今年1月頃のグリーンゲッコー。

この頃は写真の通りそこそこ調子が良かったが、この後、レイアウト変更に伴う植え替えと、夏の暑さでかなり矮小化してしまった。

水温と水質が安定してからしばらく経つが、未だに調子は戻らない。

現在と今年の初め頃と何が違うかと言えば、水質だろう。

1月以降マジックリーフやピートモスを使って弱酸性・軟水寄りにしていた。

それとも、単に底砂の汚れがたまったのだろうか。

もしくは、思えば導入直後からよく溶けていたので、そもそも我が家の水槽の水質に合わないのだろうか。

今後も観察する。

サイアミーズ・フライングフォックスの育成記録

画像は後日投稿。

サイアミーズ・フライングフォックスの育成記録兼備忘録です。

 

作成:2021/11/17

最終更新:2021/11/17

  • プロフィール
  • 特記事項
    • コケ取り魚として有名
    • 意外と綺麗
    • よく泳いで飛びだす
    • ムギツク・モツゴによく似ている
  • 育成記録
続きを読む

20cmスリム水槽のレイアウト作成記録 2021/11/12-

2021/11/12 レイアウト変更直後の20cm小型水槽

2021/11/12 レイアウト変更直後の20cm小型水槽

2021/11/12

20cmスリム水槽のレイアウトを変更した。

小型水槽は管理が楽でいい。

 

2021/11/15

植え替えたクリプトが葉を溶かしだしていたので、目立つところだけ葉柄から取り除いた。

どういう原理なのか分からないが、葉を溶かし出してもその部分だけ切るなりすれば他の葉には伝染しない、とかいうらしい。

普段みない藍藻が濾過槽についていたから、水質がかなり不安定になっているのだろう。

レイアウトを変えるときに水は元の水をほぼそのまま注入したが、底砂を丸洗いするとやはり水槽内の環境は相当に変わる。

エキノドルス ルビンの成長記録 2021/08/29-

f:id:Pyonkichi:20210830121518j:image

先日、エサを買いにショップに寄ったら枯れかけた売れ残りB品としてエキノドルス ルビンが安売りされていたので買ってみた。

水中葉に変化する体力があるか心配だったので、しばらく水上葉のまま屋外で育成してみることにした。

写真からも心もとなさがありありと伝わると思うが、葉も根もほとんど腐っていたものの、かろうじて数本太い根が残っていたから成長に期待したい。

鉢が小さすぎるが成長したら植え替えるとして、ひとまずこの程度でいいだろう。

何よりあまりのびのび育ってもらって大きくなりすぎても困る。

ミクロソリウム ナローの成長記録 2021/08/26-

f:id:Pyonkichi:20210826134713j:image

2021/08/26 ミクロソリウム ナローを流木に巻き直した。一度着生させたが、雑に巻いたので育ち方が気に食わなかったから、巻き直すことにした。ある程度育って繁茂すればどう巻いてもあまり変わらないのかもしれないが…

 

ひとまず今回は巻き直すにあたって古い葉はほとんど切り落としてしまった。その方が巻きつけやすかったからだ。購入して導入直後はやらない方がいいと思うが、もう水槽の水に慣れているからこの方が綺麗に生えてくれるだろうと思ったが、どうだろうか。

 

f:id:Pyonkichi:20210826135102j:image

参考: 巻き直す前